上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/p>

うっくんのiPad動画シリーズ第五弾「Noteshelf」レビュー

親父のiPadで買いました!
てことでレビューさせていただきたいと思います。
手書きノートアプリはNoteTaker HDである程度定着していたので新しいのに手を出すのが怖かったのですが、親父にNoteTakerは使いこなせないだろうということでこちらを勧めました。

その読み通りNoteTakerより機能は少なめですが、操作が非常に簡単で、日本語対応なのがありがたく、おじさんビジネスユーザーに大変オススメといったところでしょうか。とりあえず見ていただきましょう。

Noteshelf動画レビュー


動画でも言いましたが、実はこのアプリ、ソフトバンクの孫さんもご愛用だそうです。
Twitterで孫さんが絶賛したことでランキングが一気に上昇した感があります。
いい所と悪い所をあげていきましょ。

まずはいい所
1.ものすごくシンプル
非常に使いやすいです。ほとんど初めて触った人でもすぐ使えるようになるんじゃないでしょうか。

2.テンプレートが豊富
実際、五線譜や野球のスコアブックには驚かされましたね。その他予定表なども実用的なものが多いです。

3.多彩なエクスポート機能
Evernote、Dropboxに対応しているのはもちろんのこと、選択したページだけをエクスポートできるのは良い心遣いですね。もちろんネットワークの状態にもよるのでしょうが、アップロードも非常に速く快適です。

多分アップロードも速いんだけど、PDFに変換するのがめちゃくちゃ速いんだと思う。あれ、変換した?っていうぐらい。

この手のアプリは重要な内容を保存していることも多いので手軽なバックアップとしてDropboxを使えるのは非常にありがたいですね。

僕の経験からも、バックアップは頻繁にやっといた方がいいです。

残念な所

1.マルチタッチズームがない
スムーズかつ直感的なマルチタッチでのズームはiPadのウリでもあるのでこの機能の実装はぜひしていただきたい。

2.オートリターン機能がない
ズームエリアがいっぱいになると自動的に折り返してくれればいいのですが、いちいち矢印を押すのがめんどくさいです。特にNoteTakerに慣れてる僕としては。

3.ノートをタグ分けできない
Evernoteにエクスポートしてからタグ分けすればできないこともありませんが、PDFファイルってサイズでかいので無料版ではかなりきついでしょうね。

4.自前のPDFまたは画像ファイルをテンプレートにできない
僕の場合は授業の配布プリントをその場でスキャンして注釈する使い方がメインなので、この機能がないのが一番痛いかなぁ。
NoteTaker HDの方は注釈アプリとして非常に優れています。本来はノートテイキングアプリですが、注釈専門のアプリを越える完成度ですからね。

おっと、結果的に悪い所の方が多くなってしまいましたが、オススメのアプリです。
今のところNoteTakeとNoteshelf、一長一短で、購入予定の方は予め自分がどういう使い方をするか想定した上でご使用になられることをオススメします。
その際、僕の記事と動画が参考になるかと思われます。



/p>

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うっくん

Author:うっくん
大阪弁トランスレータのうっくんと申します。興味はiPhone、iPad、Mac、ギター、ヨーヨー、ダンスとか。YouTube チャンネルで大阪弁翻訳の動画などを配信しています。こちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。